HARMONICA CREAMS ハモニカクリームズ

  • HARMONICACREAMS
  • HARMONICACREAMS
  • HARMONICACREAMS
WORLD TOUR 2013 WORLD TOUR 2013

NEXT LIVE INFORMATION

  • 渋谷WWW
    「タイトル未定」
    10月7日(金)

    w/ スペシャルゲスツ 続きを読む

  • 吉祥寺STAR PINE’S CAFE
    Dancing Drunkards
    7月27日(水)

    w/ 田中佑司 (Drums.) 続きを読む

MORE LIVE INFO その他のライブはこちら。

OUR MUSICS

HARMONICA CREAMS
Tokyo live smokin

3rd album
「tokyo-live-smokin-東京色香」

国内外問わず評価されるハモニカクリームズの3作目。前作から僅か1年足らずで発表される新作は、ドラムに田中佑司(ex: くるり)を迎え奇跡的な化学反応を見せた2013年10月6日のライブ・セッションをそのまま記録したオフィシャル・ブートレグ盤となる。 2度の欧州ツアーで磨かれた強力な楽曲群に、最新5曲を含む全12曲が鮮やかなアレンジとリミッターの外れたライブパフォーマンスで、更新され続けるハモニカクリームズの新たな可能性を垣間見せる一枚に! >>もっと詳しく
in-out-sea

2nd album
「in + out = sea / インナウトシー」

世界最大級のケルト音楽祭「フェスティヴァル・デ・オルティゲイラ(2012年7月/スペイン)」の国際コンクール優勝後に吹き込まれた、世界注目の音楽がここに。 ケルト×ブルースをテーマに新ジャンルの開拓となった1stアルバム「触感の研究」発売から約2年越しの意欲作となる “ハモクリ” の2ndアルバム「in + out =sea / インナウトシー」。 >>もっと詳しく
analyse_de_toucher

1st album
「Analyse de toucher / 触感の研究」

ロック/ジャム/音響派/テクノにも通じる初アルバム「触感の研究」は、民族音楽を背景とした作品には珍しく全編オリジナル曲であり、新鮮な“触感”のグルーヴが詰め込まれている。2010年末、フランスのラジオにて放送。2011年、世界の音楽情報誌・ラティーナ1月号の「ライター・関係者が選ぶベストアルバム2010」 では、おおしまゆたか氏より日本国内外を含めた音楽アルバム、ベスト10に選出された。 >>もっと詳しく

ABOUT

“Celtic blues” — a new kind of folk band from Japan. Combining the eclectic timbres of harmonica, fiddle, guitar, and percussion, Harmonica Creams fuses acoustics and electronics to create a unique sound. The distinct sensibility of Yoshito Kiyono, the Paris-based leader and harmonica player, amalgamates the aesthetics of chaos and harmony. The freewheeling trio tells their stories through a musical conversation, weaving together a spiral groove that is at once delicate and powerful.

In 2012’s Ortigueira's Festival of Celtic World, one of the world’s most important Celtic music festivals, Harmonica Cream received the first prize — the first-time for a band from a country outside of the Celtic tradition. Harmonica Cream’s first album has been featured in numerous French and Japanese radios and magazines. Their 2nd album is slated for release in December 2012.

ケルトブルースバンド「ハモニカクリームズ」。 2012年、スペインで毎年開催される世界最大級の国際ケルト音楽祭にてアジア人史上初優勝。 翌年に再度招聘された同音楽祭では、10万人の観衆を前に大トリ出演を飾った。 会場を踊らせるパワフルでしなやかなバンドサウンドは、ケルトミュージック本場の欧州で驚きと喜びをもって迎えられ、今、スペイン・フランスを中心に注目を集めている。 パリ在住のハモニカ奏者、清野美土の感性によって提示された“ケルト音楽×電気ブルース”という民族音楽の新たな側面は、メンバーの3者各々が右へ左へとサウンドを自在に惹きつけ、強烈な螺旋グルーヴを巻き起こていく。

ファーストアルバム「触感の研究/Analyse De Toucher」(’11年)、そしてセカンドアルバム「in+out=sea/インナウトシー」(’12年)は日本のみならず欧州のTV、ラジオなどで広く取り上げられている。 ドラムに田中佑司をフューチャーした3rdアルバム「東京色香/tokyo live smokin’」が2013年12月に発表された。 日本では毎年夏から冬にかけて季節限定でライブ活動を行っている。

MEMBERS

  • Aiko Obuchi 大渕 愛子
    Aiko Obuchi (Fiddle)
    The frontwoman for Harmonica Creams. A fiddle virtuoso, her extraordinary sense of speed and rhythm is enhanced by her technical mastery, solidifier her presence as one of today’s top fiddlers. Her cool during the performance contrasts to her fiery style, creating an irresistible mystique to this young player. At once timid and fierce, her music is a perfect reflection of her personality.

    卓越したスピード感とリズムセンスでケルト音楽スタイルのヴァイオリン(=フィドル)で多彩なチューンを奏でる、国内有数のアイリッシュフィドラー。

    2ndアルバム「in+out=sea/ インナウトシー」以降は作曲、作詞、歌なども担う。

    >> blog「青の四弦」

  • Yoshito Kiyouno 清野 美土
    Yoshito Kiyono
    (Harmonica)
    The leader of Harmonica Creams, Yoshito had been a collaborator of Hilaire Penda, former bassist of John McLaughlin and Salif Keita. His harmonica sensibility is informed by top black musicians around the world, and his musical appeal reaches across cultural boundaries. Today Yoshito is the first official endorser from Asia for the German traditional harmonica maker SEYDEL. He is a perfectionist in things that count, but for the rest, anything goes.
    >> go to SEYDEL WEB

    ハモニカクリームズのリーダー。

    パリ在住。 1stアルバム「触感の研究」を全作曲し、以後作曲をはじめバンドのアートディレクションを指揮する。

    世界中の黒人トッププレイヤーたちに揉まれて培ったパンチの効いたハモニカは、人種の壁を越えて多くの人を惹きつける。 ドイツ・ハモニカメーカー・サイドル/オフィシャル・エンドーザー。
    >> go to SEYDEL WEB

  • Koji Nagao 長尾 晃司
    Koji Nagao(Guitar)
    A staple in Japanese Celtic music scene, Koji is member of several established bands. Holding his guitar high on his waist, he drives his guitar like an icebreaker ship — fast, steady and unyielding. With an open heart and a mouth that wouldn’t shut, he talks freely about anything from guitar tuning to his deepest thoughts. A caffeine addict, his alcohol-induced performances are something to be seen.

    日本の実力派アイリッシュバンドをいくつもかけ持つ数少ないアイリッシュギタリスト。

    ケルト世界に通じる美しいコード感覚と、タフな疾走感が持ち味。

    2ndアルバム「in+out=sea/ インナウトシー」からは作曲も手掛ける。

    >> blog「アイリッシュギター.blog」